大消火ノズル。
ついに実現!!世界初の機構。長射程大面積放水。
スムースノズルの放水力、噴霧ノズルの可変に長射程広角放水。
さらに自衛噴霧機能を付加した消防用消火ノズル。

「からくりノズル」で検索!  放水試験の動画を公開中

主な特長

  1. 構成された8本のスムースノズルが外筒を回すことで瞬時に向きを変え、棒状放水から広角放水(16度、20m先で5mの円)へと任意に無段階可変操作が可能です。
  2. 放水口がストレートの穴なので、吐出直後の水主柱は棒状に飛んでいきます。飛距離がスムースノズルのそれに近い、長距離の放水ができます。
  3. 水の内部流路(特許)により、放水圧0.5MPa以上の時に落点部の水は水滴と霧状の混合になります。空気流に抗して火面に着水、大消火力の効果となります。
  4. 筒先員の負担を軽減する【低反動機能】
  5. 長時間の放水に対応するため、放水時の反動力を水の流れを屈折させることで、加わる力が分散されるように屈折しています。

操作方法

放水部先端部を回すことによって、放水形態の切り替えが行えます。(写真-1,2内の緑色の棒は、水の飛ぶ方向を見立ています)

【左】に回すと広角放水                  【右】に回すと棒状放水

広角放水、からくりノズル、消防用

棒状放水、からくりノズル、消防用ノズル

  

放水部中央のローレット部を回すと、放水者の前に水膜を張る【自衛噴霧放水】と止水操作が行えます。

からくりノズル、消防ノズル、放水止水ローレット

ローレット部を【左回しで放水】、【右回しで止水】
正面から見て左回しで止水、右回しで放水(写真は放水状態)

からくりノズル、オンオフハンドル、消防ノズル

写真右上のハンドルは水のオンオフ操作ハンドルです。

 

上記の操作方法により、

①棒状放水

②広角放水

③棒状放水+自衛噴霧放水

④広角放水+自衛噴霧放水

4つの放水が行えます。

消火作業の動画はこちらをどうぞ。消火動画、からくりノズル

石油プラントでの消火ノズル比較検証の様子がこちらをどうぞ。

石油プラント、からくりノズル、試験