携帯端末への原液補充自動通報機能付きクーラント液自動生成装置を発売

日刊工業新聞(2018.10.29)に発表しました。

  • 自動車関連などの工場用に工作機械のクーラント液自動生成装置「T型」を11月1日に発売します。制御系電源は直流24ボルトであり、各種計測器を接続可能です。
  • オプションの通信機能付き装置は、携帯電話に原液補充を指示でき、パソコンでの多数台のクーラント液生成量管理ができます。
    クーラント液の減少に合わせて減益と水を1~10%の設定濃度で自動混合します。
    オプション価格は、
    ・通信機が5万円(消費税抜き)
    ・パソコン用ソフトウェア10万円(消費税抜き)
  • 従来の人出による原液投入作業をなくせます。また、濃度の適正化により原液の節約も可能です。
  • 原液容器が空になると、生成を停止してランプや音で警告します。
  • 独自の水と油の混合技術により、切削加工精度や工具寿命を改善できます。
  • クーラント液自動生成装置はこちらをどうぞ。